お仕事

やりたいこと探しと仕事へつなげて行く為に大切なことを、グラフィックレコーダーことみさんから学んできた

小さく始める。本業を活かす_グラフィックレポーターと学ぶ「描く」を仕事にする戦略(12月20日(木)開催)の講座レポート

 

「好きなことを仕事にしたい」

昨今は、自分の得意なこと・好きなことを仕事にする人が増えていますよね。いわゆるフリーランスの人や、副業でお金を稼いでいる人・・・。

 

私も副業やフリーランスに憧れ抱くひとりです。

(その割には、アドセンスも何も登録していない…!)

今日は、大阪難波にてことみさんが開催していた講座「小さく始める。本業を活かす_グラフィックレポーターと学ぶ「描く」を仕事にする戦略 」のイベントで、学んで、取り入れようと思ったことをまとめました。

☑️将来のことをぼんやりとしか考えていない

☑️創作活動(ブログやnote)を続けたいけど、思うように更新できない

☑️そもそも自分のやりたいことがわからない

そんなあなた(私)に向けて書いて見ます。

 

勉強会に参加する前に考えておいた方がいいこと

講座が始まってまず5分間、以下の3問を考える時間がありました。

●この講座で何を持って帰りたいのか?

●どんなことを仕事にしたいのか?

●自分が売ることが出来ること

 

とくに、「この講座で何を持って帰りたいか?」は、勉強会とかイベントに参加するときに、まず考えた方がいいなって思いました。

講座に来ることが目的となってしまっていて、「行けば教わることが出来る」と、完全受け身状態で参加してしまっていたことに気づきました・・・あほなので・・・。

完全に、目的を見失っていた・・・。

あと、さすがグラフィックレコーダーだなあと思ったのですが、

まず、自分で考える時間を作ることで、自分が特にしりたい、欲しい情報にまとを絞って話を聞ける環境を準備してくださったところです。さすがだなあ・・・

 

⬇︎ここからは、私が参考にしようと思ったことをまとめて行きます〜〜!「個人の時代に乗っかりたいけど、自分の強みがないという人、必見です☆vペルソナは私。

自分のやりたいことがない!やりたいことを探すには?

好きなことを仕事にしたいけど、そもそも好きなことや得意なことがない!って人は、

まず。色々やってみよう!

”ひたすら転ぶこと”がキーワード。

ツイッターやインスタグラムなどのSNS、グラレポ、カメラ・・・。

まずは色々やってみてトライアンドエラーを繰り返して、自分にあったものを探す。泥臭くても、誰にも見られなくても。

私はあれこれやりすぎて中途半端なのが反省点です・・・。うう。。

 

でも、まずは自分がやりたいことを探すには、母数を増やす方がいいと思う。

(見切りをつける能力も必要だけど・・・!)

プライドは捨てよう!

実際、SNSをみていると、この人が本当にプロなのかとか作品のクオリティーとかを見ることができるし、「自分よりすごい人」もたくさんいます。

でも、「出来るようになってから、手をあげる」よりも、「苦手だけど、挑戦してみたい!」と手をあげるほうが、まわりもサポートしてくれたり、応援してもらえ、挑戦するチャンスを得ることができます。

 

むしろ、出来るようになってからやったほうが求められるハードルも高くなるので、サポートしてもらえる環境から始めるに越したことはない・・・らしい。

 

そして、初心者さんでも挑戦しやすいのは、「オンラインサロン」。

できる人もたくさんいるけど、「やって見たいです・・・!」が叶う場所でもある。

ふむ・・・。

できることを仕事にするために、実現可能な地図を作ろう!

 

できることを仕事にするために、実現可能な地図を作ることが大事。

実現可能な地図とは、まず、自分が継続できること。継続できるためには、無理なくできることが大事ですよね・・・。

 

ハードル高いことをしようとして挫折しまくりの私に刺さりまくりです。

 

実現可能な地図作りに大切なこと

1 完成させること

2 SNSなどで発表すること

3 評価をもらうこと

そして大事なこと「小さなたくさん」のできることを作ろう!

私も、ノートやインスタ、このブログに、たくさんの下書きがありますが・・・

完成させることって、初心者マークの私からしたら、とてもハードルが高いんですよね。多分、自分の能力以上を自分で求めてしまって、「こんな内容じゃダメだ」って消しちゃうし、「起承転結がわかんなくなっちゃった・・・」ってなっちゃうし、「昨日の下書き書こうと思ったけど、もうなんか冷めちゃったな・・・」とか

不完全のものがたくさんある!!!

 

でも、副業や、何かをしたい!と思っているのなら、

完成させて、SNSで世界に発表して、評価をもらって(いいねとか、いいねつかなかったとかも一種の評価だよね)

 

そうやって、少しずつ「小さな変化」を得て行けば、「小さなたくさん」が作れる。

 

という大事なことを教えてもらいました、

 

伝えるために意識すること

 

おそらく、個人の時代(SNSでしごとを得られる時代)に、必要なスキルの一つとして、「伝える」がある。ライターとか、グラフィックレコーダー、デザイナーとかとか。。。

 

私もブログを始めてみて、伝えることの難しさを実感・・・。”伝える”初心者のために、読んでくれる人のことを考える方法をことみさんが伝授してくださいました。

 

まず、相手がいることを意識しよう!

相手に伝えるべき情報とは?

相手が知りたい情報とは?

相手の行動に影響を与える情報とは?

 

特に意識したいこと

自分が、相手に伝えることで、相手にどんな行動をとって欲しいのか???

 

例えばこの記事も、読んでくれた相手が、読んだ後、どんな行動をとって欲しいのか、考えて書く必要がある。

私は、まず自分を読者として書いていこうと決めました。ことみさんの話を聞いて、「やばいがんばろ・・・」と思ったことや、「これは私も始められそう」と感じたことから記事構成してみました。

 

自分が読者だとターゲット設定もむづかしくなさそうだし、、!

 

ことみさんの講座を受けて、感じたこと

まず膨大な下書き祭りをやめようと思った。完成させる。当たり前だけど、

あと、せっかく書いたあとでも、ツイッターに流さないことがあるから、それもやめようと思う。。。(こっそりと更新していたり。。見てもらいたいのか、隠したいのかどっちやねん。)

なんでかっていうと、せめてもう少しマシなものに仕上げてから…、とか完璧になってから堂々と宣伝したい…、とか自分に免責をつけてしまっているからなのですよね・・・

ああああ書いていて辛い!!!辛すぎる!

ということで、マジなものをかけるようになる為に、まずは駄作をたくさん書きまくり。。。成長できるように、コンテンツを細々と貯金していこうと思います。

 

あき氏