未分類

フリーのコピーライターになった人の人生の導き方!

あきしです。お仕事終わりに記録としてブログ書きます。

私がコピーライター養成講座に通っていた頃の知り合いで、未経験からフリーのコピーライターになった人がいて、先日、オフィス見学に行ってきた時に感じたことをなぐり書きします。

(1000文字くらいなので、暇つぶしにどうぞ!)

コピーライターになった経緯

・異業種の仕事を辞めて、養成講座に通い始める

・フェイスブックなどで、講座の先生(プロのコピーライター)の情報を追い、
その人のセミナーなどに参加
・知り合いからWEBサイトのライティングなどの仕事をもらうなど、幅を広げていく
・フリーのコピーライターとして、レンタルオフィスを借りて活動中

 

私がちゃんと記事を書けるようになったら、普通に取材したい・・・。どんな仕事内容かとか。

けど、まず聞いた話を記録のために書きます!

ちなみにだけど、私も通っていた講座です!

ちょうど去年の4月から9月までの半年間、宣伝会議のコピーライター養成講座に通ってました。

学生にしてはお高いお値段を支払って。(いまも支払ってる。)

通っている人はこんな人

  • コピーライターになりたい学生や社会人
  • そうではないけど、考える力を必要としている人
  • 実際に広告業界で働いている人
でも、仕事を辞めて受講しにきている人はこの人だけだった!

仮にYさんとしておきます。

Yさんはなんと、仕事を辞めて受講していたのです!

小さいお子さんもいる状況で、思い切った人だなあというのが最初の感想。

でも、高確率できんの鉛筆をもらっていた!

授業では課題が出て、受講生の中からよかったコピーの人に

きんの鉛筆を渡されるのが宣伝会議の講座の特徴。(1回につき上位10名とか)

ほぼほぼもらっていた・・・。

講座の最後には、実際に企業の広告コピーを考えて、1位に選ばれた人のコピーが

実際に使われる・・・という、一大プロジェクトがあるのですが、

1位になられました。

才能じゃん・・・?と思うかもですが、きっとものすごくたくさんのコピーを書き、

血の滲む努力をされたのだと思います。

 

人生に迷ったら、”何を一番やりたいか”天秤にかける

とはいえ、めちゃめちゃ迷われたそうです。

でも、「今の仕事をずっと続けるか」と「新しい挑戦をするか」

この二つを天秤にかけた時、今の挑戦を選んだそうです。

大事なのは、「この先どうしていたいか」

大きな決断でしたが、決めたからにはそん道のためにただ進むのみ・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まとめ

大したまとめでもないですけども。

成功している人は決断力があって、遂行力もある。そう感じました。

まず、未経験からフリーのコピーライターになるなんて人が身近にいないから、

びっくりというか。チャンスはその辺に転がっている。でも、それに気づいて努力する人と、全く気づかない人とでは人生が180度変わるのかもしれない。